30代子宮筋腫もやもや日記

手術?様子見?突然見つかった筋腫にあたふたな日々の記録

ガン検診で見つかったまさかのモノ

ここ数年、退職して主婦をしていたので健康診断を受けてないなあと

気になって制度を調べては

「また今度行くか~」

を繰り返していた数年間。

 

ひとり娘が幼稚園に入り、単独で動ける時間ができたので

ようやく重い腰をあげることに。

夫の会社の制度では、人間ドックの補助は40代からだったので

市町村で補助が出るガン検診を受けることにしました。

 

妊娠中お世話になった女医先生のレディースクリニックに

乳がん(エコー)と子宮頸がんの予約をして向かうと

まずは看護師さんからの検査説明。

そして「追加で子宮回りのエコー検査もしませんか」とのご提案が。

 

私は、親戚が乳がんを患っていたり、世代の近い小林麻央さんの事もあり

乳がん検診メインで来ていたのであまりやる気がなく、、

そもそも補助の出る検査のつもりできていたので、手持ちも少なかったので

正直に相談すると、

「市の検診に追加するかたちなので、初診料が不要なので3千円もかからないですよ。

しばらく検査されていないなら、おすすめします!」と。

 

とっても感じのいい看護師さんだったので、ご提案を受けることにして診察室へ。

 

まずはエコーでの乳がん検診。

先生はけっこうじっくり(片側1分ほど)見てらしてドキドキでしたが、異常なし。

続いて子宮頸がん検診で細胞をとり、

最後に下からのエコーをはじめた瞬間

「あれ!!あらあら~これは・・・」

健康がウリの私は、お医者様に”なんかヤバい”反応をされるのが初めてで凍りました。

 

そして検査台からおりて、

あらためて先生から黒いカタマリがドンっと写るエコー画像を見せられ

 

「約9cmの大きな子宮筋腫で、これは手術を勧める大きさです。

でも今ならまだ腹腔鏡で取れるんじゃないかな。

ひとまず近隣のMRIを撮れるところを予約するから、行ってきてね」

と告げられ

 

まさか私が、入院?手術!?

つい1時間前まではのほほんとしてたのにな…と

プチパニックになりながらクリニックをあとにしました。